ばうんすのひとりごと。

文章力を鍛えるための自己満足ブログ

食いついた。

札幌市が政令指定都市として初めて同性パートナーシップ証明制度を制定

LGBTセクシャルマイノリティーって言葉を最近よく耳にします。

 

僕は、もしかしたら自分では気づいていないだけかもしれませんが

自覚としてはいわゆるマジョリティーな分類の人間だもんで

この制度についても「まぁ、多様性な社会でいいんじゃないのー」

ってくらいの認識でしかないんですが。

 

仕事で戸籍謄本や住民票なんかを扱う上で考えると

これまで「ご主人の」とか「奥様の」って呼んでたもの以外の

呼称が存在するようになると考えると正直ややこしいですね。

(まぁ、この呼び方自体が封建的な「過去の」呼び方であるとも思いますが)

 

かといって「パートナー」って呼ぶのも違和感。

80歳代のおばあちゃんに「パートナー」ってのも、ねぇ…。

 

そういったものも含めて制度を固めていってほしいものです。

 

 

二刀流の男

といっても大谷翔平の話ではなくて。

 

高校の時

同じ部活に「どうやらオネエらしい」という噂の先輩(♂)がいました。

 

女子率が高い部活でしたし

そのパイセン自身、穏やかな方で確かにナヨっとした人でした。

 

しかし、少ない男子部員同士

「〇〇さん、かわいくない?」とか

「芸能人ならこんな人がタイプ」とか

「おっぱいがどーの」とか普通の男子トークをしてましたし

頼りがいがあって面倒見のいい漢気のある一面もありましたので

僕の中では全くオネエだなんてことは感じられず。

きっと、彼や部活の雰囲気からそんなあらぬ噂が流れたんだろうなー、と。

 

 

ある日のこと、打上げかなんかだったと思うのですが

我が家に何人か集まることになり

親がいないのをいいことに

ビールやら缶チューハイやら買い込んで

先輩後輩分け隔てなく楽しく飲んでました。

 

その当時、僕は2コ上のA子に下心 淡い恋心を抱いていまして

夜も更けてきましたので、しきりに泊まっていけばーと釣竿を垂らしてました。

 

A子も満更ではない風なニュアンスを醸し出してましたので

しめしめ、今夜は大物が釣れそうだ、なぁんて内心ほくそ笑んでいたわけです。

 

何人かの女子が「そろそろ帰るねー」ということで

なんとなくお開き的な雰囲気になりましたので

「誰か泊まってく人いますー?」と、最後の一投を投げ込んだところ

 

「おれ、泊まっていこうかな♡ふふっ」って声がぽつりと聞こえ…。

 

「…え?」と戸惑う僕に

「あの人、バイらしいから気を付けてね♡」と耳打ちをして

さらっと帰っていくA子。

 

 

なんか深海魚みたいなの食いついたー。

 

 

そのあとのことは、あまり覚えていませんが

僕はすごく女の子が好きで、おっぱいが大好きでという演説を

夜が明けるまで延々としていたような気がします。

 

先輩、お元気ですか?

 

 

ところで

LGBTって言葉ですが

 

レタス・ベーコン・トマトとあと何の略ですか?

すくすくと息子3歳に。

はやっ!

3年はやっ!

 

ってのが正直な感想。

 

facebookにメモしてあるのを見てみると

21時46分に50.4cm 2,882gで産まれたと書いてある。

 

たぶん、そん時の感情やら想いやらを後々 息子に伝えようと

書き始めたものだと思うんだけど、数行で力尽きてた。

三日坊主な性格、ここでも…。

 

最近の息子

<好きなこと>

インスタントラーメンを作ること(麺の形を気にする)

ごはんを炊くこと

夕飯食ってすぐ歯を磨くこと(という口実で動画を見る)

砂遊び、ブロック

なんかの替え歌

 

<嫌いなこと>

動画見てる最中に「お風呂はいろ」って言われること

言い間違いなんかを真似されること

 

<口癖>

「パパ、悪い子!」

 

パパ歴3年

息子が3歳になったということは、僕もパパになって3年。

 

嫁のつわりによって、ようやく最近になって

息子の世話、家のことを少しだけやるようになって

「あ~、父親してるわー」って実感できるようになりました。

 

いままでの3年弱なにしてたんだ、と。

パパっぽく振る舞っていただけなのか、と。

 

つるの剛士だったかある有名人が

「『イクメン』じゃなく、『ふつうの父親』をやっているだけ」

といった発言をしていました。

 

やって当然のことを「イクメン」と持て囃す風潮がおかしい、のだと。

なるほど。

 

僕もたしかに「イクメン」という言葉に踊らされていた感があります。

なんせ「イケメン」と呼ばれることがないもんで

せめて…という心情が働いたのでしょう。

 

なので、これからは「ふつーの父親っす」って言える男になろうと思うでやんす。

日記を書きます。

第1次文章ブーム

文章を書くのは嫌いではなく、むしろ好きなほうです。

大学の頃に、くだらない生活をくだらない文章で綴ってました。

たしか「自堕落LIFE」とかってタイトルで。

数少ない友人が、僕のくだらない文章を読んで笑ってくれるのが楽しくて

なんとなく続けていました。

 

なんで辞めたのかは覚えていませんが、きっと飽きたんだと思います。

そんな毎日書くほどのネタのある生活じゃなかったし。

なんせ自堕落な生活なわけですから。

 

あと、基本的に文才や笑いのセンスが突出してるわけじゃないので

面白い人の文章に影響受けすぎて真似して書いていたわけですが

圧倒的な差に落胆したんだと思います。

 

第2次文章ブーム

ひょんなことからカメラマン兼マネージャーという肩書で

とあるダンスチームの応援をしていまして

そのチームのブログの更新を担当しておりました。

 

色々イベントに出させてもらうんでその告知とか。

でも、ただ告知しただけじゃつまらないって思いで

ふざけた文章で書き殴っていました。

 

2年間くらい続けていたと思います。

が、めっきり更新をしなくなりました。

 

理由は簡単。

あんまり顔を出さなくなったから。

そして、面白い文章を書けないから。

 

別に告知だけして面白い文章書く必要はないのですが

なんとなく求められている気がして…。

 

それから

facebookの更新はちょこちょこ続けているんですけど

facebookには仕事関係の方などが「お友達」にいて

全然「お友達」なんかじゃないわけですけど

見られちゃうので、あんまりふざけたことも書きづらいし

仕事中に更新できないし

最近はめっきり。当たり障りのない文章ばっかです。

 

じゃあアナログで日記をつけよう!と意気込んで手帳を買ったわけですけど

これも続かず。

 

基本的に三日坊主な性格なのと

そんな毎日書くネタねーわーってことで。

 

でも、最近になってまた書きたいなーという思いがムズムズと。

今日、息子が3歳になったので記録として残していかないとって。

 

手帳がダメだったから、もういっかいデジタルにしてみよう。

パソコンでキーボードをカチャカチャしてれば仕事してるように見えるし

 

誰かに見られるってことは想定していないで書き始めてますが

なにかのきっかけで僕が有名になったり

いきなり文章力がブワーって満ち溢れてきて執筆活動をするだとか

そんな可能性がないわけではないので

ここで日記を書くことを宣言します。

2017.01.06