ばうんすのひとりごと。

文章力を鍛えるための自己満足ブログ

札幌の片田舎で“まちづくり”を考える⑤

町内会・商店街ともに高齢化でこの先が不安ということを書きなぐってきていて、実際に今のままで何がいけないの?ということなのだけど 単純に、そんな高齢者のまちなんて僕自身が面白くないから! だって、こちとらまだピチピチの30代前半なわけ。 面白い…

札幌の片田舎で“まちづくり”を考える④

地域にとって町内会と双璧をなす大きな存在なのが商店街。 わがまちの商店街はいわゆるアーケードであったり○○銀座みたいにお店が軒を連ねてって感じでは全くない。 小さなお店がまばらにポツンポツン。 一昔前はそれはもう栄えていたそうだけれど、今はその…

札幌の片田舎で“まちづくり”を考える③

どんどん高齢化 僕のまちは老年人口(65歳以上)の割合が35%を超え、平均年齢は51.6歳という札幌市内でも5本の指に入るくらい高齢化率の高いエリア。 恋愛ドラマや少女マンガでよくある「三角関係」だと、ひとりは爺さんか婆さん…って状況か。 福…

札幌の片田舎で“まちづくり”を考える②

地域コミュニティーと聞いて真っ先に浮かぶのが「町内会」 地域の核となる組織だが、ほぼ死に体になってるのが現状では? マチトモ Navi - SAPP_RO町内会・自治会検索サイト 町内会の抱える課題 僕のまちの町内会は約30あって、ほとんどの町内会長が「辞め…

札幌の片田舎で“まちづくり”を考える

「まちづくり」を仕事にしています。 と言うと、街を作る=シムシティのようなハード面のことと思われがちですが、町内会や地域コミュニティーといったソフト面の整備などを主にやってます。 その中で感じたことをつらつらと書き殴っていこうと思うわけです…

テキトーな考察。

踏んだり蹴ったり 踏んだり蹴ったり という言葉があります。 踏んだり蹴ったり【読み】 ふんだりけったり【意味】 踏んだり蹴ったりとは、重ね重ねひどい目にあうことのたとえ。また、何度もひどい目にあうことのたとえ。 そもそも、それって「踏まれたり蹴…

なんでもかんでも燃やせばいいと思いやがって。

どんど焼き 地元の神社のどんど焼きの手伝いに行ってきました。 毎年ものすごい量の注連縄やらお飾りやらお札やらお守りやら。 普段ならお札やお守りは間違っても踏んだり粗末に扱うなんてありえませんが、この日ばかりはそんなの気にしてらんないってくらい…

プラレール博にも行こうかな。

トミカ博 土曜日、初めて「トミカ博」に行ってきました。 僕は子どもの頃、そんなにトミカにはまった記憶はないのですが、いつか子どもと行ってみたいと思っていました。 息子はスポーツカーとかよりも工事車両や特殊車両の方が好きなようで、今回新たに増え…

食いついた。

札幌市が政令指定都市として初めて同性パートナーシップ証明制度を制定 LGBT、セクシャルマイノリティーって言葉を最近よく耳にします。 僕は、もしかしたら自分では気づいていないだけかもしれませんが 自覚としてはいわゆるマジョリティーな分類の人間だも…

すくすくと息子3歳に。

はやっ! 3年はやっ! ってのが正直な感想。 facebookにメモしてあるのを見てみると 21時46分に50.4cm 2,882gで産まれたと書いてある。 たぶん、そん時の感情やら想いやらを後々 息子に伝えようと 書き始めたものだと思うんだけど、数行で力尽きてた。 三日…

日記を書きます。

第1次文章ブーム 文章を書くのは嫌いではなく、むしろ好きなほうです。 大学の頃に、くだらない生活をくだらない文章で綴ってました。 たしか「自堕落LIFE」とかってタイトルで。 数少ない友人が、僕のくだらない文章を読んで笑ってくれるのが楽しくて なん…