ばうんすのひとりごと。

文章力を鍛えるための自己満足ブログ

自分なりの文章。

記事タイトルのつけかた

日記とその時その時に感じたことや思ったことを綴ろうとブログを始めましたが、手書きの日記と違うのが毎回記事にタイトルをつけなくてはいけないということ。

これが毎回悩みます。

そういえば、mixiやってた時も同じ悩みを抱えていたような気がします。

ネットで「ブログ 記事タイトル つけかた」って検索すると、やれアクセスアップさせるには…とか、やれ読者のハートをつかむには…みたいなことが書かれています。

僕のブログは個人の日記であり、完全なる自己満足の世界なわけで、不特定多数の人に読まれることを想定しているわけでもないし、ビジネスにつなげようと思っているわけでもなく、ましてや広告収入を得ようとしているわけでもありません。

なので、単純に番号を振るだけ、とかその日の日付を書くだけとかでもいいんですが、そこにタイトルを書く欄がある以上ちゃんと機能させたいというか。

そこで、とりあえず実験的にタイトルでしりとりをすることにしてみました。

さらに自分を追い込んでいます。

 

改行のしかた

もうひとつ悩ましいのが、改行です。

 

自分的に読みやすいのは、1文が1行になっていること。

↑こんな感じ

ですが、ネックなのは短文しか書けないということ。

 

長い文章を書いた時に、文章の途中で改行されて右端から左端に移る際に、中途半端な位置で改行されるのがなんとなく好きじゃないんです。

↑こんな感じ

 

なので、この文章の場合

長い文章を書いた時に

文章の途中で改行されて右端から左端に移る際に

中途半端な位置で改行されるのが

なんとなく好きじゃないんです。

↑こんな感じにしたくなります。

句読点のタイミングで改行するとなんとなくスッキリします。

 

ですが、携帯で見るとレイアウトが崩れちゃってとんでもないことになってるんです。

それはそれでまた嫌なわけです。

 

ただ

 

1行ごとに

 

こうやって

 

改行している文章は

 

とても嫌いです。

 

なんだかバカっぽいし、スクロールすんのめんどいじゃん、って。

 

 

と、とてもどーでもいいこだわりを、今回は意図的に改行なしで書いてみましたが、これはこれで別に変な感じはしない気になってきました。

なんやねん。

 

オチのつけかた

単なる日記の場合「今日はこうこうこうでした。こんなことしました。おわり。」でいいんですけど、こういった雑感を書いている場合、まとめというかオチが欲しいわけです。

本文の中に伏線を張っておいて、最後にその伏線を回収してスッと終わるのが理想です。

くだらないこと書いているんだけど、喩えに時事的なことがうまく使われていたり、ワードセンスが秀逸でスマートかつインテリジェンス。

そんな文章を書いてみてーもんだなぁと常々思います。

 

要するに

僕のブログは個人の日記であり、完全なる自己満足の世界なわけで、不特定多数の人に読まれることを想定しているわけでもないし、ビジネスにつなげようと思っているわけでもなく、ましてや広告収入を得ようとしているわけでもありません。

 

とは書いたものの、この記事を書きながら確信したことがあります。

 

それは、実は誰かに読まれたいんだということ。

そして、欲を言えば「このブログくだらないけど面白いね」って思ってもらいたいのだということ。

ここで大事なのが「誰か」ということ。

知り合いは嫌なんです。気恥ずかしいというかなんというか。

 

目立ちたがりのシャイボーイなんです。

 

ちなみにこの言葉、友人の座右の銘です。

このワードセンス、ニュアンス、語感に脱帽です。

 

そんなわけで、いつか誰かに見られたときに備えて、当面は文章力を鍛えるためのブログという位置づけで書いていこうと思います。

現場からは以上です。