ばうんすのひとりごと。

文章力を鍛えるための自己満足ブログ

なんでもかんでも燃やせばいいと思いやがって。

どんど焼き

f:id:bounce-blog:20170116075339j:image

地元の神社のどんど焼きの手伝いに行ってきました。

毎年ものすごい量の注連縄やらお飾りやらお札やらお守りやら。

普段ならお札やお守りは間違っても踏んだり粗末に扱うなんてありえませんが、この日ばかりはそんなの気にしてらんないってくらい。

 

プレハブ1棟に山積みになったこれらを運び出し、どんどん火に放り込んでいきます。

藁が多いので火の勢いがすごく、近づくだけでかなり熱い。

どんどん燃やしていきますと燃えカスというか灰が山になるので、混ぜてやることで空気を入れて更に燃やしながら投げ込む場所を作るわけですが、この作業が地獄です。

地獄です、というのは比喩表現じゃなくて、あの熱はたぶん本物の地獄。

 

前に手伝いに行ったときには、長~い鉄の棒を使ってこの作業をしていたのですが、今回はなぜかレーキが1本。

f:id:bounce-blog:20170116150406p:plain

柄の長さ、1.5mくらい。

みじけーって。

 

ヒットアンドアウェー方式で立ち向かうのですが、熱すぎて数秒も火の前には立っていられず、作業効率が悪いわけです。

そこで、竹の棒とジョイントして長くしよう!と知恵を働かせるわけですよ。

 

僕の大好きな「鉄腕DASH」だとここで開拓の必需品「番線」が出てきて、山口くんがクイクイっとねじって、よーしできたーってなるんでしょうけど、まず番線なんてその辺にないですから。

ようやく見つけてきたのがビニール紐。

いや、こころもとねー、つって。

 

確かに作業自体は捗りましたが、紐が溶けて火の中にレーキを落としてしまうんじゃないかと内心ヒヤヒヤでした。

表面はこんがりアツアツでしたけど。

 

燃やせないもの

最近は少し改善されてきましたけど、お飾りだとかお札以外の物も多く入ってます。

これ単なる燃えるゴミじゃないの?ってものもありました。

写真とか手紙とか何となく意味深なものも。

 

人形とかぬいぐるみもやめましょう。

気持ちはわからないでもないですが、塩で清めてゴミに出すとかお焚き上げをお願いするだとかしてください。

髪の長い日本人形やかわいいうさぎのぬいぐるみが火だるまになっていく様は、見ていてかなり怖かったです←。

 

それから、けっこー多いのが鏡餅

中身入ったままってのも結構ありました。

 

結果、こうなります。

f:id:bounce-blog:20170116141201p:plain

食べ頃だね、つって。

このあとスタッフが美味しくいただきました、つって。

んなわけあるか。

 

持ってくるときは紙袋で

持ち込む際にはビニール袋ではなく紙袋をオススメします。

うちみたいな小さな神社だと役員の人手が足りないのでわざわざビニール袋から出して…なんて手のかかること出来っこありません。

そのままボンボン投げ入れます。

 

煙にあたって無病息災・五穀豊穣を願ってなんて言いますけど、ダイオキシンとかそーゆーのもいっぱい出てそうです。

めっちゃ吸い込んじゃってますけど、僕だいじょうぶですか?

 

せっかくなので食べるもの焼きたい

僕が産まれた本州の地域では、どんど焼きのときに枝に差した団子を焼いていた記憶があります。

今日テレビではスルメを枝に吊るして集まるって地域もありました。

せっかくだから何か食べたいですね。

単純に焼き芋でもいいですし、ワイルドに肉とかもいいですよね。

そーゆー風習にならないかなー。

 

って、思ったからとかでは全くないのですが、この日の晩は家族で焼肉を食べに行きました。

やっぱ肉食うなら炭で焼くほうがいいわ。