読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばうんすのひとりごと。

文章力を鍛えるための自己満足ブログ

テキトーな考察。

雑感

踏んだり蹴ったり

踏んだり蹴ったり という言葉があります。

踏んだり蹴ったり
【読み】 ふんだりけったり
【意味】 踏んだり蹴ったりとは、重ね重ねひどい目にあうことのたとえ。また、何度もひどい目にあうことのたとえ。

 

そもそも、それって「踏まれたり蹴られたり」じゃねーの?って思ってるのは僕だけじゃないはず。

とかく日本語は時代と共に変化や省略されていくので、「踏んだり蹴ったり」の方が言いやすいんじゃね?とか そーゆーこと?って。

 

とにかく、踏まれたり蹴られたり…

僕なら絶対に嫌です。

確かに“何度もひどい目にあうこと”に違いありません。

 

でも、ですよ?

これが仮に「ドM」の人だったらどうでしょう。。

 

わざわざお金を払ってでもそーゆーお店に行く方もいらっしゃるくらいですから、踏まれたり蹴られたりというのは“ラッキーなこと”なのではないか?と。

なんだか“至れり尽くせり”と同義語になっちゃいましたね。

 

逆に、踏んだり蹴ったりしている人はきっとドSの人でしょうから、これも悪いことではないですよね。

 

あ、もしかして"Win-Win”の語源ってこれ!?

という、くだらないことを学生の時にふと考えたことがあります。

 

一般的な語源

いま改めて語源について調べてみるとこんな説がありました。

戦国時代に、あるモノを、誤って踏んだり蹴ったりしてしまった武士が、織田信長切腹を命じられるという事件があった。
 南蛮渡来のものが好きだった織田信長はその武士に「珍しい紅茶の茶葉の塊を踏み、さらに蹴るとは何事ぞ」と烈火の如く怒鳴りつけたといわれている。
 このとき、この武士は「私も紅茶を楽しみにしていたのに踏んだり蹴ったりで切腹とは散々だ」と時世の句を残し、ここから悪いことが重なることを「踏んだり蹴ったり」というようになった。 

 

なるほど、これは確かに「踏んだり蹴ったり」しちゃってひどい目に遭ってますね。

踏んだり蹴ったりした挙句、怒鳴られたり腹切ったり。

 

まさに

 

なんて日だ!

 

って状況ですね。

 

この踏んだり蹴ったりの武士の子孫が、バイキング小峠だとか違うとか…。

 

 

信じるか信じないかはあなた次第です。