読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばうんすのひとりごと。

文章力を鍛えるための自己満足ブログ

札幌の片田舎で“まちづくり”を考える⑤

まちづくり

町内会・商店街ともに高齢化でこの先が不安ということを書きなぐってきていて、実際に今のままで何がいけないの?ということなのだけど

 

単純に、そんな高齢者のまちなんて僕自身が面白くないから!

だって、こちとらまだピチピチの30代前半なわけ。

 

面白いまちにしたい!

一歩外に出たら福祉施設や葬儀屋しかなくて、オシャレなお店は一軒もない。

やってる行事って言ったら転倒予防体操とかさ認知症講座とかさ、そんなまち面白い?

子ども達が将来このまちで住んでいける?

 

だから、自分で仕掛けていくしかないわけだけど…。

こんな風にアレンジしたらどうっすかーって提案しても「今までこれで長年やってきたわけだから」って。

こんな新しい企画どうっすかーって持っていっても「大変だからこれ以上は増やすな」って。

みんな腰が重たい。

 

いやいや、若い人も取り込んでいかないと続かないっすよって言って若い人をターゲットに絞った企画をしようもんなら「高齢者は置いてけぼりかい」って。

散々っぱら、高齢者向けのコンテンツやってきたじゃない!

むしろ、置いてけぼりにされてるのは若い人の方だ!

足を引っ張るんじゃねー!

と、ひとり叫んでも虚しいだけなので、仲間を集めることが大事だと最近気づいた。

 

古くからいる人が横のつながりを大事にしながら一生懸命頑張っているまちなので、それはそれでいいことだけど、“よそもの”に対して少し冷たい部分もあって。

若い人、よそから越してきた人にだって、それぞれこのまちへの想いはあるはずで、何かしようって思っていても風当りが強くて潰されるっていうのは嫌だから、そういう人同士が手を取り合って立ち向かわなくてはいけないんだ!

と、まるでRPGのような正義感みたいなもんが沸きあがってきているんだけど、別に今の人達は敵でもなんでもなくて、とってもいい人ばかりです。はい。

 

若手ネットワーク 

そもそも若い人って、自分のまちに興味なんてないのかなーって思ったりもしてたんだけど、数年前から何人かに話を聞くと「興味はあるし何かしたいけど、どう関わったらいいかわからない」ということらしい。

想いはあるのにもったいないなと思ったので、若手を繋ぐ飲み会を企画したことがあったんだけど、スケジュールの調整ですぐにつまづいた。

みんな忙しい上に、業種が違うとなお予定があわない。

高齢者ばかりの集まりなら、割といつでも人集まるのに。

こんな初歩的な壁があった。

 

何はともあれ、2回ほど開催して顔見知りを増やすことには成功した。

あとは、規模が小さくてもいいから何かプロジェクトを立ち上げて実際に動くことができればいいのだが。